もうレーザー脱毛とサロン脱毛で迷わない!光脱毛の必見ポイント

c450d01347c958d6008963e9b48d044b_s

気軽さが違う

自己処理を卒業してプロの脱毛を受けようと決心したとき、多くの方が迷われるのがレーザー脱毛と光脱毛のいずれにしようかということです。
そもそも、この2つの違いを分かっておらず、同じものと混同されている方もいるかもしれません。

両者は大きく特徴が異なりますから、しっかり知識を整理してニーズに合った方法を選ぶ必要があります。

毛のメラニン色素に反応する光線を使うのは同じですが、レーザーはより強い光で医師による施術が必要です。
そのため、美容クリニックや皮膚科などに行かねばならず、脱毛をするには敷居が高いのが難点です。
これに対して光脱毛は専門技術を持ったエスティシャンの施術が受けられ、お洒落なサロンで受けることができ気軽に通いやすいメリットがあります。

スピードが違う

両者は同じ光ではありますが、その波長や出力法が違います。
レーザーは同じ方向に集中して出る光であるため、出力は高いものの、一定の範囲に集中して処理することしかできません。

これに対して、光脱毛の光は四方八方に拡散するタイプの光であるため、一度に広範囲の施術が可能です。
レーザーの場合、1秒間に処理できる量は10本程度ですが、光なら1秒で200本もの処理が可能です。
そのため、たとえばワキの下を処理する場合、毛の量にもよるものの光ならわずか3分、レーザーでは10分かかるので、スピードでいえば光が圧倒的に速いです。

1箇所程度のパーツ脱毛ならともかく、全身脱毛ともなればスピードの違いで理想の肌に近づくまで大きな差がでるのではないでしょうか。

痛みと肌への負担が違う

レーザーは同方向に集中的に光が当たるため、痛みを伴います。
ゴムで弾かれた程度の痛みではありますが、照射の度にピリッと痛さを感じるのではストレスがたまります。
また、熱量が高いため、お肌が弱い方の場合、火傷の跡やケロイドができるおそれがあるため注意しなければなりません。
一方、光は感じるか感じない程度の一瞬の痛みで済み、お肌が弱い方でも赤みなどが発生しないくらいの軟らかさです。

費用が違う

プロの脱毛を受ける際、最も気になるのは費用ではないでしょうか。
いかに仕上がりがいいとか、持続効果が高いといっても費用が高くては通うことが難しくなります。
この点、レーザー脱毛は医師による施術のため、おのずと料金が高くなります。

しかも、美容目的の処置のため健康保険も適用されず、医療費控除も使えません。
これに対して、光脱毛は一度に広範囲の施術ができることもあり、費用が抑えられ、通いやすいよう月額制を採用しているサロンもあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ